よりポジティブに生きるための『終活』にまつわる情報をお届け。

良い終活のための情報サイト

生前整理

終活における生前の整理はどこまでやるか?そのやり方と業者の選び方について

更新日:


終活という単語がクローズアップされてきた現在、「生前整理を行うこと」は、決して珍しいことではなくなりました。
ただ、「どこまで、何をやったらいいのか」が分からない、という人がいるのも事実。

ここでは、生前整理のポイントについて見ていきましょう。

 

<「どこを終の住処とするか」によっても異なる>

「どこを終の住処にするか」によって、生前整理のやり方は大きく異なってきます。

たとえば、「今まで住んでいた家を引き払って、子どもと一緒に住む。1部屋を自室としてもらう」というケースもあれば、「高齢者施設に移り住む」というケース、そして「今住んでいる自宅で最後まで暮らす」というケースもあるでしょう。

いずれの場合でも荷物を整理することが大切ですが、「今ある家を引き払う」という場合は、財産の処分も含めて、かなり大がかりなものになります。この場合は、「必要最低限のものだけを残して、後のものはすべて処分する」という方法をとることになるでしょう。
ただ、この方法の場合、生前にかなりしっかりと整理をすることになるので、「遺族」になった家族の負担は少なくはなります。

つい物をため込んだり、「整理は今度でいいか」と後回しにしてしまったりしてしまいがちなのが、後者のケースです。
このような場合は、せめて、残された家族が困らないように、「貴重品類はどこにあるか」「だれに何を残したいか」をエンディングノートに書き残すようにしてください。
食器や洋服などは、必要最低限のものを残して捨てましょう。身近なところから整理していくだけでも、家がすっきりします。

<専門家の力を借りる>

「一人ではなかなか整理がはかどらない」という人は、専門家の手を借りるのも手です。
民間資格ではありますが、現在は、生前整理アドバイザーや終活カウンセラーなどの資格を持つ人がたくさんいます。

「トラックなどを使って、物理的に荷物を減らしたい」という人は、生前整理の業者を利用するとよいでしょう。
ちなみに、生前整理の業者のなかには「産業廃棄物収集運搬の資格を持っていること」を大きく打ち出している人もいますが、彼らはあくまで「産業廃棄物」を運ぶ資格を持っているだけで、一般家庭の荷物についての資格は有していません(両方を有しているところもあります)
一般家庭の荷物を扱えるのは、「家庭系一般廃棄物収集運搬」もしくは「生活系一般廃棄物収集運搬」です。また、不用品の買取をお願いするのであれば、さらに、「古物商」の人かも必要になります。





-生前整理
-

Copyright© 良い終活のための情報サイト , 2020 All Rights Reserved.