よりポジティブに生きるための『終活』にまつわる情報をお届け。

良い終活のための情報サイト

葬式の費用

【できれば安く済ませたい】終活で直面する葬式の費用について

更新日:


「葬式の費用」というのは、だれもが気になることながら、なかなか口に出しては聞けないものではあります。

ただ、非常に高額になるものですから、しっかり準備するためにも前情報は入れておきたいもの。

 

ここでは、「葬式の費用」について詳しくお話していきます。

 

 

<葬式の平均費用は200万円程度>

 

2017年にとられたデータでは、葬儀にかかる平均費用は、だいたい200万円くらいであるということがわかっています。

 

これらのデータがどれほど信頼できるものであるか、ということに対しては解釈が分かれる部分もありますが、それほど非現実的な数字ではありません。

特に中部圏や関東圏は高くなる傾向にあり、230万円以上になることも珍しくはありません。

 

 

<「葬儀全般にかかるお金」とその節約方法>

これらの葬儀費用のなかでもっとも大きいのは、「葬儀全般にかかるお金」です。

たとえばお花を手配したり、枕飾りをつくったり、祭壇を利用したり、亡くなった方をお連れしたりするときにかかるお金です。

これが全体の6割程度の金額を占めることになります。

この部分の金額が大きくなる理由としては、「葬儀における、主だったサービスのうちのほとんどがここに含まれるから」です。後述する「飲食代」「宗教者へのお布施」以外のほとんどすべてがこちらに分類されます。

 

また、このカテゴリーでは、とても多くの人が関わることになります。葬祭ディレクターであったり、部屋を清掃する人であったり、香典返しを用意する人であったり、葬式のときのアナウンサーであったり……と、思いがけないほど多くの人が動きます。

この人たちに支払われる「人件費」は非常に大きいため、金額もあがっていくのです。

 

これを少し抑えたい、と考えるのであれば、まず葬儀の規模を小さくしましょう。特に故人がご高齢の方であった場合、弔問者の数もそれほど多くはないと考えられます。

また、リーズナブルな式場を葬儀会社を選んだり、相見積もりをとったりすることも有効です。

 

 

<飲食代と通夜振舞いの考え方>

 

「飲食代」は、30万円程度でしょうか。

お通夜や葬儀のときに振舞われる料理に対してかかるお金です。また、現在は初七日法要までを済ませてしまうところが多いので、このときの会食の費用も必要です。

アルコール代金も当然含まれます。

 

ちなみに、「葬式のときは精進料理が基本」と考える人も多いのですが、実はこれは地域ごとによって大きく差があります。「精進料理が当たり前」「お肉が含まれるのが当たり前」と考える地域があり、場所によってはその比率が逆転することも。

 

また、喪主さんや故人が、「親父は美食家だった。好きな店の刺身を出してほしいと言っていた」「私が死んだときは、しっかりと物を食べて、普段通りに過ごしてほしい」という強い気持ちを持っている場合は、精進料理が基本となっている地域であっても、当然、お肉や魚を含む食事が出てきます。

 

飲食代を安くしたいのであれば、朝食をコンビニなどで済ませることをおすすめします。

また、自分で仕出し業者を選ぶのもよいでしょう。

しかし葬儀会社のなかには、「提携している仕出し業者を使ってほしい」と強く希望するところもあるので、打ち合わせが必要です。

 

 

<お布施について>

 

最後に取り上げたいのが「宗教者へのお布施」です。

これがだいたい50万円くらいでしょうか。

 

お布施は「お気持ちだけで」とするところが多いのですが、それでも「一般的な相場」はあります。その地域において信仰者が多い宗派の場合は低く抑えられ、そうではない場合は少し高くなります。

 

この「宗教者へのお布施」は、しばしば問題になる部分でもあります。不透明なところが多く、とまどう人もいるでしょう。

ただ、ある程度抑えたいのであれば、来ていただく人の数を減らしたり、「一律●万円」としている業者の派遣を利用したりするのもよいでしょう。ただ、後者の場合、菩提寺との関係が少しややこしくなることも……。

 

葬儀の費用はなかなか複雑なもの。

わからないことがあったら、しっかりスタッフに相談してください。



-葬式の費用
-

Copyright© 良い終活のための情報サイト , 2020 All Rights Reserved.